園舎の設計、ご相談下さい。 098-917-5000

園舎へのこだわり“自然の風と光”

自然の風が通り抜ける設計

自然の風が通り抜ける設計

東設計工房では、沖縄の暑く湿気の多い気候に対応するため、風が自然に流れるように、窓や出入り口を工夫しております。

建物自体は天井を高く大きな空間をつくることで暑さに対応したつくりにしております。
また風の入口部分は大きくスペースをとり、風が流れるよう吹き抜け空間をつくるなど、自然に風が通り抜けるような設計をしております。

光をうまく採り入れる工夫

光をうまく採り入れる工夫

また自然の光を屋内に採り入れる際にも工夫をしております。
沖縄の日差しを直接採り入れると、どうしても室内温度が高くなってしまいます。
そうした直射日光を避けるため、ハイサイドライトという手法で、側面の高い位置に窓をつくり、間接的に柔らかい光が入るように設計しております。

西日を避ける庇(ひさし)と遮熱効果の高い赤瓦

西日を避ける庇(ひさし)と遮熱効果の高い赤瓦

また沖縄の強い西日ができるだけ直接屋内に入ってこないような工夫もしております。
庇(ひさし)を長くとり彫を深くして影をつくることで、快適な半戸外空間を演出しております。

また厳しい沖縄の太陽から屋内温度上昇を抑えるため、遮熱効果の高い赤瓦を採用し、自然なかたちで沖縄の気候に対応しております。

その他のこだわりはこちら

TOP